「2020 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」の開催延期について

本日モビリティランドより鈴鹿8耐延期に関する下記発表がありました。


2020年7月16日(木)~19日(日)に、開催予定でありました「2019-2020 FIM世界耐久選手権第3戦"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」につきまして、2020年10月30日(金)~11月1日(日)に延期することを決定いたしました。開催日程の変更に伴い、本大会は、「2019-2020 FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦」として開催される予定です。


国内外における新型コロナウイルスの感染拡大状況や各地域での防止対策などを踏まえ、慎重に検討を重ねて参りましたが、鈴鹿8耐がFIM世界耐久選手権シリーズの一戦であり、かつヨーロッパを中心に海外チームが多数参戦しているという特性を鑑み、開催延期を判断いたしました。


楽しみにされていたファンの皆様および関係者の皆様におかれましては、ご理解くださいますようお願いいたします。

購入済みの各種チケットは、一部を除き代替開催日程で有効となるほか、払い戻しも承ります。また、延期決定に伴い各種チケット販売は4月30日(木)で一時終了させていただき、再開日時は決定次第ご案内いたします。

(転載元:鈴鹿サーキットホームページ https://www.suzukacircuit.jp/8tai/postpone/ )


参戦体制を発表した矢先にこのようなお知らせになり大変残念ではありますが、

今、出来る事をしっかりと準備しレースに備えたいと思います。

EVANGELION RACING MEDIA

エヴァンゲリオンレーシング公式ニュース記事を主に、レースレポートやスタッフブログ、その他エヴァンゲリオンレーシングに関わる情報を様々な形で発信していくサイトです。より身近にエヴァンゲリオンレーシングを感じて頂く為鋭意更新中。