EVANGELION RACING2020 鈴鹿8耐参戦発表

ラナ エンタテインメント株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:鈴見純孝)は、人気アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とのプロモーションタイアップにより結成したレーシングチーム「エヴァンゲリオン レーシング」として、2020年7月16日~19日に開催される「2020 FIM世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレース第44回大会(7/16-19)」に参戦致します。

チーム体制は、2010年以来タッグを組んでいるTRICK STAR RACINGと鈴鹿8時間耐久レースに挑みます。現在TRICK STAR Racingでは、昨シーズンの世界耐久選手権シリーズチャンピオンTeam SRC Kawasaki France とパートナーシップを結び「2019-2020EWC世界耐久選手権」にシリーズ参戦しタイトル連覇に挑んでいます。その最終戦となる鈴鹿8時間耐久ロードレースにおいて、エヴァンゲリオンレーシングとのコラボレーションを展開いたします。


マシンは「Kawasaki ZX-10RR」を採用。

エヴァンゲリオン初号機をイメージした紫と緑のカラーリングを施したゼッケンナンバー1「EVA RT Webike SRC Kawasaki France」。

ライダーは、シリーズチャンピオンへと導いた立役者、ジェレミー・グアルノーニ選手、ダビド・チェカ選手、TRICK STARでも長年参戦経験を持つエルワン・ニゴン選手の3名にてシリーズエントリーをしています。

鈴鹿8耐についてはシリーズエントリーライダーを暫定的なオーダーとしていますが、一部の変更の可能性も含めて最終的な調整により決定いたします。

また、2020年度鈴鹿8耐個人スポンサー募集をクラウドファンディングサイト「Makuake」において、5月下旬より受付開始を予定しております。エヴァンゲリオンレーシングはこの個人スポンサー制度を通じて、ファンの皆様と共に鈴鹿8耐の表彰台を目指し、興奮、歓び、驚き、悔しさを共に分かち合えるチームを目指しています。




EVANGELION RACING MEDIA

エヴァンゲリオンレーシング公式ニュース記事を主に、レースレポートやスタッフブログ、その他エヴァンゲリオンレーシングに関わる情報を様々な形で発信していくサイトです。より身近にエヴァンゲリオンレーシングを感じて頂く為鋭意更新中。