[REPORT]2021D1 GRANDPRIX SERIES Rd.3&4 TSUKUBA

2021D1 GRANDPRIX SERIES Rd.3&4 TSUKUBA

2021/6/26-27

筑波サーキット(茨城県)

#91エヴァRT初号機SAILUNスープラ

横浜トヨペットSAILUN俺だっ!

ドライバー:畑中真吾選手


2021D1GPのRd.3&Rd.4が茨城県筑波サーキットにて開催された。

チームは奥伊吹戦での悔しい結果を踏まえ、上位争いに食い込むためにマシンに大幅な仕様変更を施して同大会に挑むことになった。

これまでは比較的新しいエンジンでまだまだ開発が必要なV型8気筒の「3UZ」を搭載してきたエヴァRT初号機SAILUNスープラのエンジンを、畑中選手が慣れ親しんできた直列6気筒の「2JZ」に変更するという結論に至ったのだ。

今大会も感染症対策を実施した上で一定数の観客を動員しての開催となった。筑波サーキットは、シリーズのなかで最も競技区間が長いコースとなっており、今シーズンからはスタート地点も一新。例年までのレイアウトを基本としながらも、コースリミットを厳しく設定する事で、さらなるシビアなマシンコントロールスキルが要求されるテクニカルなレイアウトとなった。関東の梅雨入りが発表され、天候が心配される中での開催となったが、

天候は晴れ。終始ドライ路面で、競技がおこなわれた。

まずは6/26に行われたRd.3。

D1の勝敗を決するに重要な審査システムDOSSに不調が出てしまい、途中より人の目による審査に切り替えられた。

イレギュラーな状態ながらも落ち着いてスタートした畑中選手の1本目。スタート直後、1コーナーに向けて勢いよく振り出すも、エンジン換装後の初単走という事もあり、少し抑え気味の安定したミスの無い走りで96.25を記録。エンジンフィーリングを確認し、更なる高得点を目指す2本目は、普段通りのキレのある走りで攻めるも、気持ちが先行。ヘアピンへの飛び込み角度不足によりゾーン3を落とす形で93.6。不覚にも1本目の記録を更新する事はできなかったが、見事8位で追走トーナメントへの進出を果たす。

引き続きドライコンディションで行われた追走トーナメントで畑中選手は、2組目に登場。内海選手との対戦で1本目に先行した畑中は、スピード感あるダイナミックな走りで後追いを引き離しにかかるも内海選手が必死に食らいつき、2台の距離はかなり接近。限界ギリギリのマシンコントロールを見せ、畑中選手7 内海選手8と後追いポイントを取られてしまう。

後追いでスタートした2本目は、先行での敗北を取り戻すべく内海選手のマシンに接触ギリギリまで接近する勢いある走りを披露。神がかったマシンコントロールに誰もが畑中選手の勝利を確信するも、結果は畑中選手7 内海選手7と引き分け。後追いポイントは獲得したものの、1コーナーで内海選手に接近し過ぎた際に行き場を失い、体勢を戻したミスにより減点。無念の初戦敗退となった。

そして翌日に行われたRd.4。

雨予報を払拭し、終始ドライコンディションで行われた。前日に発生したDOSSの不調が復旧することはなく、引き続き審査員による目視での開催となった。第3戦では、攻める気持ちが空回りする形での初戦敗退となってしまった畑中選手は、スタートから勢いよく振り替えし、キレのある走りを見せるもゾーン1・2を外す痛恨のミスで得点は93.75。1本目の失敗を挽回すべくスタートした2本目は、これまでのアグレッシブな走りはそのままに攻めの姿勢は崩さず、ミスのない完璧なラインで98.35を獲得。単走第8位での、ベスト8進出を果たす。

第4戦の追走は、前日とはスタート時の左右を入れ替える変更が加えられての開催となる。

畑中選手の追走初戦は2組目、横井選手S15との対戦となった。

追走1本目は先行。畑中選手は勢いよくスタート地点を飛び出すも、最初の振り出しで失速。決死の後追い体勢に入る横井選手のマシンを間一髪で交わし、そのまま終了。畑中選手1.5 横井選手6.5と苦戦を強いられる。マシンの調子を確認しながらも、続けて後追いを走る決断をした畑中選手は、スタートするもやはりマシンを振り出すことができず終了。マシントラブルにより戦えずして初戦敗退と、悔しい結果となった。

第4戦終了時点でのチームランキングは、9ポイントとなり、12位。

単走シリーズランキングは32ポイントで8位。

ドライバーズランキングは20ポイント15位となっています。

次戦は8月21・22日に行われるエビス2連戦。レース毎に成熟しつつあるエヴァRT初号機 SAILUNスープラにご期待ください。Rd.5-6も応援よろしくお願いします。

[俺だっ! Official channel レポート動画]

[畑中真吾選手コメント]

エンジンの仕様変更をして、第3戦の筑波を戦いました。今までに慣れていた2JZに換装したことで、いつも通り気持ちよく走ることができました。そのおかげで、単走でもいい走りができ、追走に残れたのですが、攻めた結果、ベスト16で負けてしまいました。第4戦の単走は、1本目はゾーンを外す失敗をしてしまいましたが、2本目に気を付けながらも抑える走りはせず、攻めの走りをした結果、そこそこな点数を出すことができ、単走を8位で通過したのですが、ベスト16ではトラブルでパワステが利かなくなって、負けてしまいました。次戦は大好きなエビスサーキットなので、必ず表彰台に登りたいと思います。確実にスープラに乗り慣れてきているので、次戦は期待してください

[霧島聖子×マリ:レポートコメント]

みなさんこんにちは!

エヴァンゲリオンレーシングRQ2021

真希波・マリ・イラストリアス役の霧島聖子です!

6月26日、27日に開催されました

D1グランプリシリーズのTSUKUBA DRIFT!!

今回体調不良で欠席のアスカ役のんちゃんの代わりに26日の第3戦のみ参加いたしました!

今回ペアだったのはシンジ役のかえかえです☆

私は2016年、2017年にD1GPのRQやイメージガールを務めた事もあったので約3年ぶりのD1でした!

本当に久しぶりだったのでアットホームな雰囲気に懐かしさを感じましたし、D1ならではの賑やかさが心地良かったです。

サーキットで久々に観るD1GPは単走も追走も大迫力で、終始興奮気味で応援に益々力が入りました!!

過去に経験があるとはいえ当時からはチームやメーカーの入れ替わりなどもあるのでここ一年位のD1情報はかえかえに教えて貰いましたよ。頼もしい!

91号車エヴァRT初号機SAILUNスープラが走行している姿を初めて生で観ることが出来てめちゃくちゃかっこよかったです!エヴァ仕様のカラーリングもサーキットでひときわ目立っていました♡

第3戦の結果ですが、

「横浜トヨペットSAILUN 俺だっ!」

畑中真吾選手は単走8位で

追走トーナメント進出!

追走では惜しくもベスト16のまま

最終順位11位となりました。

チームの皆さんお疲れ様でした!

単走も勿論面白いけど、2台がスレスレの所で走り合う追走には目が離せないスリルや興奮があり、更に惹き込まれます…!迫力満点なのでみなさんもぜひ現地での観戦をおすすめします!

私たちは単走&追走トーナメント中は基本スタンド席で観客の皆さんと一緒にSAILUNの応援席で観戦しており、またそれ以外の時間には俺だっレーシングの物販お手伝いもしていました。

ブースにお越し頂いた皆様、またグッズご購入もありがとうございます!

91号車の前での撮影タイムも多くの方が集まってくださり嬉しかったです!

私は急遽の参加となりましたが現地で優しくしてくださったチームの皆様、そしてご来場下さったD1ファンの皆様、一日ありがとうございました。

D1GPはこの後もエビスサーキット、奥伊吹、オートポリスと開催ございますのでまた現地で一緒に盛り上がれる日を楽しみにしています!

霧島 聖子



[村上楓×シンジ:レポートコメント]

皆さんこんにちは!碇シンジ役のかえかえこと村上楓です!

今回は6月26日-27日に筑波サーキットで行われたD1GPに行ってきました!

久しぶりにシンジコスを着てのレース♡

今回から夏コスがお披露目になりました!

皆さんもう見てくださいましたか?♡

1日目のRd.3ではマリ役のせいこっここと霧島聖子さんと一緒に応援に向かいましたっ!

レース一週間前くらいからお天気が心配で、毎日天気予報を見ていましたが、

この日は真夏くらい暑かったです(´Д`;)

そして今回はタイヤメーカーさんごとに応援席があり、レースクイーンは今までスタート地点やみんなから離れた場所で応援していたのですが、今回は私たちもSAILUN席で応援していて、エヴァンゲリオンレーシングだけじゃなくチームSAILUN一丸となって応援する事ができました!

レースの合間は俺だっ!レーシングさんの物販ブースでエヴァンゲリオンレーシングのグッズ販売のお手伝いをしていたのですが、沢山の方が足を運んでエヴァンゲリオンレーシングのグッズをゲットしてくれたり、久しぶりに会えた方もいて嬉しかったです♡

2日目のRd.4は台風が近付く予報で心配でしたが、まったく雨の降らない奇跡☆

単走前オープニングでは太陽も出ていたので日焼け止めをしっかりとぬりぬり。。。

この2日間で日焼けしちゃった方も多いのではないですか( ´•ω•` )

そして2日目ではチームレースクイーンが私1人という試練、、!!

レースクイーン3年目で一人という状況は初めてだったので、大丈夫かなという気持ちでサーキットに向かいましたが、現地でみんなに会えたのでパワーをもらえました!♡

今回のレース結果は表彰台には届きませんでしたが、やっぱりいつ見ても91号車はイケメンでカッコイイよくてドリフトしている姿に惚れ惚れします♡

現地に来ていた方もYouTube配信を見ていた方も、熱い応援ありがとうございました!!

次戦も変わらず、91号車 エヴァRT初号機SAILUNスープラの応援よろしくお願いします☆

村上 楓



EVANGELION RACING MEDIA

エヴァンゲリオンレーシング公式ニュース記事を主に、レースレポートやスタッフブログ、その他エヴァンゲリオンレーシングに関わる情報を様々な形で発信していくサイトです。より身近にエヴァンゲリオンレーシングを感じて頂く為鋭意更新中。