[REPORT]2021 Super Taikyu Rd.3 FUJI 24 Hours RACE

スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook
第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース
2021/5/21-23 富士スピードウェイ (1周 4.563km) 
Audi Team AS Sport
#505 エヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4(ST-Z)
予選:荒天の為中止
決勝:ST-Zクラス8位完走(9台中)

2021年スーパー耐久シリーズ 第3戦 「富士SUPER TEC 24時間レース」が5月21日~23日に静岡県富士スピードウェイにて行われました。


予選日は大雨により公式予選がキャンセル。決勝日は曇空ながらもドライコンディションでスタートを切りました。8番グリッドからスタートした#505 エヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4は上位に引けをとらないペースを保ちながら長いレースを見据えた走りでレースを展開。順調に周回を重ね、7番手までポジションを上げてピットインしましたが給油装置に不具合があり、ガソリンが満足に入らず大きくタイムロス。その後もメカニック達は不具合の解消を試みますが、根本的な解決には至らず、給油のたびに大きくタイムをロスしてしまう展開に。チームは「完走」を目標に切り替えて、非常に苦しい状況ながらもチーム一丸となりチェッカーフラッグまでバトンを繋ぎ完走を果たしました。

[予選レポート]

5月21日(金) 12時より富士SUPER TEC 24時間レースの公式予選が行われるはずったが、悪天候により遅延。大雨によるコースへの影響を見ながら待機となったが、天気はそのまま好転することなく公式予選中止のアナウンスが流れた。その為、決勝レースのスターティンググリッドは前戦SUGOまでのポイントランキング順になる事になった。

#505 エヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4は8番グリッドからスタートを切ることが決まった。

[決勝レポート]

5月22日(土)決勝日は少し雲がかかっていたが、ドライコンディションのままレースを迎えた。そして午後3時グリーンフラッグ!長い長い24時間のレースがスタートした。Shaun選手は先ずはセーフティにオープニングラップをクリアして、コンスタントに周回を重ねていく。途中FCY(フルコースイエロー)が導入されるも良いペースでラップを刻んでいくShaun選手。

スタートから1時間20分程度で1回目のピットイン。タイヤ交換とガソリンの給油で再びShaun選手がコースへ復帰していく。途中ぽつぽつと雨が降り出したりしたもののコースはドライコンディションのままとなった。

そして18時少し前に2回目のピットイン。タイヤ交換、ガソリン給油、ドライバーチェンジとフルサービスを行い、西村選手がピットアウトしコースに復帰。しかしその直後給油が十分に行えていない事が判明し、チームは翌周にピットへと呼び戻した。再度給油を試みるが、上手くガソリンを給油する事ができない…。一旦ピット内にマシンを入れ、メカニック総出で給油装置のチェックを図るが、根本的な原因は見つける事が出来ず…。

通常の数倍の時間はかかるが少しずつであれば給油が出来る事が判明したため、時間を掛けてなんとか給油を行い、西村選手をコースに復帰させる。しかしこの時点で1時間程度のロスを喫してしまった。

西村選手もナイトセッションを危なげなく好ペースで周回。その間もメカニック達は給油装置を再チェックし、あらゆる可能性を疑って処置を施した。

そして次のピットストップで藤原選手へドライバーチェンジ、ここでもやはり給油装置は直っておらず、かなりの時間を掛けてピットアウトしていった。

その後も給油装置の復旧を試みて幾度も作業を続けるが、原因は判明せず…。次のピットストップの際にピット内に入れてマシン側の給油部分もチェックするがここでも問題は解決しない。

チームはこの時点で目標を完走に切り替え、大きなタイムロスではあるが時間をかけて給油を行い、レースに留まり続ける事を選択。

ドライバー達も必死に対処するメカニック達の思いに応えるように接触を避けながらも競争力のある周回を重ねた。特に夜が明けてからのShaun選手のスティントはその時間帯のクラストップのタイムで周回するなどパフォーマンスを示した。

そして15時にチェッカーフラッグが用意され#505 エヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4は8番手にてチェッカーを受けた。チェッカー後のピットロードでは、全てのチームが全てのマシンを拍手で迎え入れ感動的に24時間レースは幕を閉じた。

序盤発生した給油装置トラブルにより早々に勝負権を失ってしまう事にはなったが、時より見せた速さとマシンの信頼性は素晴らしく、不運なトラブルに24時間対処し続け、激務となった給油作業を完遂させたメカニック達とスタッフ達、ドライバー達、全てがチーム一丸になり手にした価値のある完走となった。


そんな波乱の24時間耐久レースの模様をチーム目線でまとめた映像も、先日動画サイト上にて公開されている。普段中々見れる機会の少ないレース中のピット内の様子やドライバー、チームの一員のような目線で是非この24時間レースの様子を楽しんで頂きたい。

[チーム代表コメント] 田ヶ原章蔵

シーズンも中盤になり、いよいよ名物レース 富士24時間レースを迎えました!準備も万全で挑んだのですが我々の望む週末では無かったです。チーム、車両は好調だったのですが、思わぬ落とし穴に入り、給油装置のトラブル等で思うようにレース運びが出来ず、残念ながら完走8位に留まりました。

富士24時間優勝経験のあるドライバーが2人!スタッフさんも優勝経験ありが5人もいたので、結果は正直非常に残念です。しかし沢山の応援もあり次回に向けてまた士気を上げていきたいと思います。

本当にこのコロナ禍の中、レースが開催して頂いた事だけでも感謝ですし、今後も早い終息で沢山のお客様がご来場頂いたレースを期待しております。引き続き皆さんの応援宜しくお願い申し上げます!


[チーム監督コメント] 澤田栄宏

今年も無事に開催される事になったスーパー耐久富士24時間レース。コロナ禍につき様々な制限はございましたが大会関係者の皆様に感謝申し上げます。大雨により予選はキャンセルされポイントランキング順となった決勝。長丁場とは言えポジションアップを狙った作戦に出ましたが、まさかの給油ポンプのトラブルが序盤に出てしまいレースから離脱。マシンの状態が良かっただけに悔やまれました。まともに周回が重ねられない中メカニックの奮闘のおかげもありチーム一丸となってチェッカーを受ける事ができました。今回も多くのお客様に来て頂きありがとうございました。引き続き応援よろしくお願いします。


[Aドライバーコメント] 西村元希

今回の富士24時間耐久レースは、4年連続での参戦とあって、余裕をもってレースに挑む事が出来ました。マシンのセッティングも、かなり良くなってきていて、チームとしては表彰台を狙える位置でレースが出来ていたので、序盤でのマシントラブルによる、戦線離脱は非常に残念で悔しい思いをしました。

しかし、チームのメカニックやスタッフのみんなが最後まで諦めず修復を繰り返しながら最後まで走ることを選択して、完走出来たことには感謝しかありません。僕自身も、かなりの走行距離を走り、いろんな走り方などをトライ出来たので、次のレースに繋がると思いまので、この悔しさを糧に次のレースで結果を残したいと思います。最後に、コロナ禍の中、たくさんの方々がサーキットに応援に来てくれて本当に有難う御座います。

今後とも応援の程、よろしくお願い致します。


[Bドライバーコメント] Shaun Thong

24時間レースに向けてとてもモチベーションが上がっていました。 個人的にも昨年ST-Xで優勝したレースで、また結果を残したいと思っていました。

私たちの車はBoPの影響でクラス最速ではありませんでしたが、チームとして多くの変更を加え、Audi R8 GT4 のロングランのペースは非常に期待できるものであり、

長いレースではあらゆる事が起こり得るので、私たちにとってこのレースが表彰台を獲得する可能性が最も高いことを知っていました。

レースはダブルスティントをうまくスタートさせて、3時間後にはなんとか5番手まで上がり、#500といいバトルをしました。 マシンはチームメイトの西村選手に有望なポジションで託すことができましたが、その後の給油装置の問題により、それ以上の結果を得ることが出来ませんでした。

このレースに向けてチームメンバー、メカニック、スポンサー様、ドライバーもみんな一生懸命働いていたので、とても残念です。もっと良い結果に値する働きに感じました。

応援ありがとうございました。


[Cドライバーコメント]  藤原能成

この様なコロナ禍に於いて、スポーツ活動を続けさせて頂ける事にまず感謝を

させて頂くと共に関係者、スポンサー様、ファンの皆様にお礼申し上げます。

緊急事態宣言が長引く中でこのレースに自分が参加する事に、とても葛藤を

覚えました。然しながら万全を期した徹底した対策と、沈む話題が多い中で

少しでも皆様の気持ちが以前の日常を取り戻せたら良いと思い、参戦させて

頂いた次第です。

肝心のレースですが開幕戦もてぎ同様、雨に振り回されたと思います。

残念ながら初のドライレース、初のハンコックタイヤ、初のダフルスティント

と初めて尽くしの自分では皆様に迷惑を掛けてしまうばかりで、不甲斐ないと

痛感しております。ダブルスティント3回なので周回数を稼ぎましたが、

最後は自分の実力不足で全く良い所無く終わってしまいました。

今回の反省点を踏まえ、今後の自分の身の振り方も含めて色々と考えたいと

思います。

レース的には給油関係のトラブルで早々に勝負権を失いましたが、

メカとチームの懸命な努力により最後まで戦う姿をファンに見せられた事が

とても嬉しく思います。

最後まで諦めないという気持ちが身を結び、8位完走を得る事ができました。

本当に応援、ありがとうございました!

[五十嵐希×アスカ:レポートコメント]

こんにちは!

式波アスカラングレー役ののんちゃんこと五十嵐希です♡

S耐富士24時間レースお疲れ様でした‼️

そして505号車の応援ありがとうございました!

今回はマリ役せいこっこさんと参戦しました!

レースクイーンの大先輩なのでスポンサーステージやピットウォークなど

見習うところがたくさんあって自分にはとてもいい刺激になりました!

ステージはやっぱり毎回緊張しますね!

出番の前に何回も練習してもステージに上がった瞬間

エヴァサポTシャツを着てくださっている方がいたり知っているファンの方がいると

嬉しくてテンション上がって一瞬頭が真っ白になります(笑)

エヴァサポTシャツは目立つしデザインもかっこいいですよ!

よーく見える‼️

PRを聞いてくれて撮影してくれて、私たちの応援もありがとうございました!

505号車は給油トラブルがあったものの、無事に最後まで走り切りチェッカーを受ける事ができました!

順位もありますが、まず走り切ることがすごいんだよ!と聞いていましたし、

この間の第2戦はリタイアという結果だったので本当によかったです。

私は今まで何回か富士スピードウェイには行ったことはありましたが、

レースが終わりマシンが帰ってきたときの全てのチームを祝福している会場の雰囲気にとっても感動しました。

ピット前を通り過ぎる各チームのドライバーさんたちやそれを迎える方たちがキラキラしていてかっこよくて自分がここに携われたことを誇りに思います!

色んなドラマがあり知っていくとどんどんレースが好きになっていきますね!

以上、アスカ役五十嵐希のレースレポートでした♡

五十嵐 希


[霧島聖子×マリ:レポートコメント]

ごきげんよう♪

エヴァンゲリオンレーシングRQ2021

真希波・マリ・イラストリアス役の霧島聖子です。

5/21-23に開催されました

スーパー耐久シリーズ2021Powered by Hankook 第3戦 NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース!

私たちエヴァンゲリオンレーシングRQ2021からは

アスカ役ののんちゃんとマリ役の私の2名が決勝日の2日間富士スピードウェイに行きました!

富士24時間レースはスーパー耐久シリーズの中でも特別感があって、

24時間ならではのナイト走行も格好良くて魅力的ですし、

イベント広場の盛り上がりもいつも以上です。

そして夜にはなんと花火も上がるんですよ!!

私は毎年富士24時間レースをとても楽しみにしているので

今年エヴァンゲリオンレーシングRQとして現地に行けて本当に嬉しかったです。

今回はピットビューイングも開催され、多くの方に足を運んでいただきました!

エヴァサポの方々、ファンの皆さん、沢山撮影して下さってありがとうございます!

前回私が参加していたもてぎ開幕戦では昨シーズンのコスチュームを着用しており、

この富士からは2人揃って今年バージョンのNEWコスチュームでの登場でした!!

今年のコスチュームはセパレートタイプで、

スカートのサイド部分のメッシュがセクシーで私のお気に入りポイントです!

今後夏コスのお披露目も楽しみにしていてね♡

RQステージもいかがでしたか?

せいこっこのPRはとても聞き取りやすくて好きですと

SNSなどを通して色んな方に言って貰えて嬉しかったよ!

スタート進行では私はShaun Thong選手のパラソルを担当!

長い長いレースの前に505号車くんに頑張ってねのエールも込めてきました(-人-)

今はコロナ禍の影響で関係者方やメディアの方しかコースに入れないのですが、

ファンの方々がグランドスタンドから私達の事を撮影してくれたり、

手を振ってアピールしてくれたりしてすごく元気を貰いました、ありがとうございます!

レーススタート後、夜には給油トラブルも発生し心配もありましたが、

メカニックさんがたの懸命な作業や、交代制でバトンを繋ぎ走り続けたドライバーさんがた、

監督やマネージャさん、エンジニアさんなどチームに関わる皆さんの連携により

Audi Team AS Sport 505号車は24時間のロングレースを見事完走する事が出来ました…!!

本当にお疲れ様でした!

この富士24時間レースではチームの皆さんの結束力をより感じる事ができ、

完走後の505号車お迎えのシーンにも立ち会えて感動しました。

完走したマシン全てを称え合う富士24時間レースのクライマックスは素敵だなぁと毎年思います^^*

今年のFUJI24Hも思い出深いものになりました。

現地でお会い出来た皆さんどうもありがとうございました!

今シーズンのスーパー耐久シリーズも既に折り返し地点!

引き続き私たちと一緒に505号車の応援よろしくお願いします★

またエヴァンゲリオンレーシングRQ2021マリ役としてお会い出来る日を楽しみにしていますね!

霧島 聖子

EVANGELION RACING MEDIA

エヴァンゲリオンレーシング公式ニュース記事を主に、レースレポートやスタッフブログ、その他エヴァンゲリオンレーシングに関わる情報を様々な形で発信していくサイトです。より身近にエヴァンゲリオンレーシングを感じて頂く為鋭意更新中。