BLOG

[REPORT]86/BRZ Race 2021 Rd.4-5 スポーツランドSUGO

2021/7/24-25

スポーツランドSUGO(宮城県)

#137 エヴァRT初号機 NMSP 86

KOTA RACING

ドライバー:加賀美綾佑選手

EVANGELION RACINGにとって初挑戦となる86/BRZ Race 2021の第4戦、5戦がスポーツランドSUGOにて行われた。

ドライバーを務める加賀美選手はフォーミュラやS耐などで経験を積んでいるが、86/BRZレースに参戦するのは初めてとなっており、マシンの特性に慣れながら着実に熟成を進める週末になった。


7/24に行われた第4戦では、交換したブレーキのフィーリングに合わせきれずに予選は18番手に沈んでしまう。

続く決勝レースではスタートを上手く決め、数周でポジションを大きく上げる事に成功!

しかし混戦の中シケインで行き場を失ってしまい、縁石に大きく乗ってしまう。

その影響からかマシンにABS(ブレーキ系)アラートが出てしまい、緊急ピットイン。

再スタートするも大きく遅れをとってしまい20位でチェッカー。


7/25に行われた第5戦では前日の課題をクリアすべく、巻き返しを図る。

前日に行われた予選の2ndベストタイムで決まった17番手でスタート。

スタートからペース自体も悪くなく、前のマシンを追いかけていくが、コース幅の狭いSUGOではオーバーテイクがなかなか難しく...。16位にてチェッカーを受ける。


チームとしては初戦という事もあり、苦しい週末にはなってしまったが、セッションを追うごとに着実に収穫を得ることが出来た。

シーズン後半に向けて結果を残すべく、チーム一丸となり準備を進める。

[加賀美綾佑選手コメント]

事前テストが間に合わなかったため、86でSUGOを走るのは今回が初めてというなかレースウィークが始まりました。

プラクティスでは、SUGOの走り方やニュータイヤの感覚も確かめつつ、走行を重ねるごとにタイムは良くなり、最終的にはコーチでもある佐々木孝太選手の0.5秒以内のタイムまで縮めることができました。

ここまでは自分の中でも割と良い流れだったのですが、いざ予選が始まるとアタックラップでトラフィックに掛かってしまったことや、自分のミスなども響いてしまい、思うようなタイムが出せませんでした。

RD.4の決勝ではスタートがバッチリ決まり、序盤は前の車両に何度も仕掛ける展開になりました。ただその中でABSにトラブルが出てしまい緊急PIT IN。コースには戻れたものの20位という結果になってしまいました。

翌日のRD.5決勝は、冷静に前を狙おうと思っていましたが、オーバーテイクに時間が掛かってしまい、思うように順位が上げられませんでした。

今回のレースウィークは思うような結果が出ませんでしたが、決勝の最終ラップまで収穫があり、毎回の走行で確実に成長ができました。

また多くの課題が浮き彫りになりましたが、その分やることが明確にもなりました。

次の十勝は初めてのコースですが、確実に課題をクリアし、まずは入賞を狙いたいと思います!


[佐々木孝太監督コメント]

まずはEVARとのコラボレーション企画が無事にスタート出来たことに感謝しております。

加賀美も初尽くしのGR86/BRZレースという事で思い通りに走る事が出来ませんでしが、これからの進化に期待したいと思います。


[優月×レイ:レポートコメント]

皆さんこんにちは!

綾波レイ役優月です!

最近家の周りでは毎年恒例の朝はスズメ、昼はセミ、夜はカエルと、ずっと鳴き声が聞こえています、毎年夏に訪れるので、また今年も夏が来た〜と思っています!!

先日の86/BRZレース スポーツランドSUGOにお越しいただいた方ありがとうございました!

結果はRd.4は20位、Rd.5は順位を上げて16位となりました。

とても暑い中本当に素晴らしいレースでした!!

初めての86/BRZレースに参加させていただきとても嬉しく思います!

とてもかっこいい車で、とても迫力のあるレースでした!

私も乗ってみたいな〜と思ってしまいました笑

エヴァRT初号機NMSP86 を初めて見て、

まずエヴァカラーでとても素敵ですし、車の中もいつもと少し違うのが魅力的でした!!

久しぶりに綾波レイになって、とても嬉しかったですし、早くまた着たいなと思います!!

イベントや撮影会も無くなってしまって、メンバーのみんなや、ファンの方々にお会いできる回数が減っていますが、少しでも早くこの状況が落ち着いて、皆様にお会いできる機会が少しずつ多くなっていくといいなと思っています!

いつかマスクが外れて皆様のお顔が見られる日がきたらとても嬉しいです ^_^

メンバーのみんな、ファンの皆様とお会いできることを楽しみにしています!

優月

エヴァンゲリオン レーシングは、2021 86/BRZレースにシリーズ途中のRd.4-5スポーツランドSUGOより参戦致します。 

 参戦チーム体制は、SUPER GTシリーズチャンピオンを獲得した実績を持つレーシングドライバー佐々木孝太が監督を務めるKOTA RACINGとタッグを組み、今最も注目を集めているワンメークレース「86/BRZレース エキスパートクラス」に2021シリーズ途中のRd.4-5スポーツランドSUGO以降のレースへフル参戦することをご報告させていただきます。 


 マシンは、「TOYOTA 86 Racing」をベース車両とし、エヴァンゲリオン初号機をイメージした紫と緑のカラーリングを施したカーナンバー137「エヴァRT初号機 NMSP 86」として参戦いたします。 フォーミュラチャレンジジャパン等での経験を積み、現在はスーパー耐久にもスポット参戦し先日の富士24時間レースではクラス優勝を果たしている加賀美綾佑選手がドライバーを務めると同時に、自身が展開するドライバー育成プロジェクト「NMSP」とも連携を図ります。  


「エヴァRT初号機NMSP 86」でドライブする加賀美選手とチーム一同が一丸となりエキスパートクラス優勝を目指し闘ってまいります。 


■参戦レーススケジュール 

7月24日(土)~25日(日) Round.4-5 スポーツランドSUGO(宮城県)

 8月26日(土)~29日(日) Round.6-7 十勝スピードウェイ(北海道) 

9月18日(土)~19日(日) Round.8 鈴鹿サーキット(三重県) 

10月16日(土)~17日(日) Round.9-10岡山国際サーキット(岡山県) 

11月20日(土)~21日(日) Round.11 富士スピードウェイ(静岡県) 


 86/BRZ Race公式サイト https://toyotagazooracing.com/jp/86brz/

エヴァンゲリオンレーシングは、2021年11月5日~7日に開催される「2021 FIM世界耐久選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」に参戦致します。 

 モビリティランドは18日、「鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会」の組織委員会が選ぶ主催者推薦チーム3チームを発表。「エヴァRT初号機 Webike TRICK STAR」は、その1チームとして推薦いただき出場権を獲得致しました。 


 参戦チーム体制は、2010年以来タッグを組んみ12年目となる鶴田竜二監督率いるTRICK STAR RACINGと鈴鹿8時間耐久ロードレースに挑みます。マシンは「Kawasaki Ninja ZX-10RR」を採用。エヴァンゲリオン初号機をイメージした紫と緑のカラーリングを施したゼッケンナンバー01「エヴァRT初号機 Webike TRICK STAR」で参戦致します。今季よりタイヤメーカーをブリヂストンにスイッチし、そのパフォーマンスを最大限に発揮させ上位チェッカーを目指します。

 ライダーは、今季アジア人として初めてEnel MotoE World Cupにシリーズ参戦している大久保光選手、そして、全日本ロードレースJSB600クラスに参戦し鈴鹿サーキットでの優勝経験を持つ佐野優人選手のエントリーを暫定的なオーダーとして、その他ライダーについて最終的な調整により決定致します。

現在、7月17日(土)~18日(日)開催「2021MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 第53回 MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿」に、ライダー大久保選手を起用し同マシン、同タイヤメーカーというオーダーで参戦しています。このMFJグランプリで鈴鹿8耐を想定したセッティングの確認を行いながら、本番へ向けて準備を進めまいります。



▲写真は2020年度鈴鹿8耐参戦予定していたマシンです。


■2021年鈴鹿8耐個人スポンサーを募集予定

 2021年鈴鹿8耐個人スポンサー募集を応援通販サイト「サポルト」において受付を予定しております。エヴァンゲリオンレーシングはこの個人スポンサー制度を通じて、ファンの皆様と共に鈴鹿8耐の表彰台を目指し、興奮、歓び、驚き、悔しさを共に分かち合えるチームを目指しています。 

 ▶応援通販サイト「サポルト」 https://supporto.click 


2021D1 GRANDPRIX SERIES Rd.3&4 TSUKUBA

2021/6/26-27

筑波サーキット(茨城県)

#91エヴァRT初号機SAILUNスープラ

横浜トヨペットSAILUN俺だっ!

ドライバー:畑中真吾選手


2021D1GPのRd.3&Rd.4が茨城県筑波サーキットにて開催された。

チームは奥伊吹戦での悔しい結果を踏まえ、上位争いに食い込むためにマシンに大幅な仕様変更を施して同大会に挑むことになった。

これまでは比較的新しいエンジンでまだまだ開発が必要なV型8気筒の「3UZ」を搭載してきたエヴァRT初号機SAILUNスープラのエンジンを、畑中選手が慣れ親しんできた直列6気筒の「2JZ」に変更するという結論に至ったのだ。

今大会も感染症対策を実施した上で一定数の観客を動員しての開催となった。筑波サーキットは、シリーズのなかで最も競技区間が長いコースとなっており、今シーズンからはスタート地点も一新。例年までのレイアウトを基本としながらも、コースリミットを厳しく設定する事で、さらなるシビアなマシンコントロールスキルが要求されるテクニカルなレイアウトとなった。関東の梅雨入りが発表され、天候が心配される中での開催となったが、

天候は晴れ。終始ドライ路面で、競技がおこなわれた。

まずは6/26に行われたRd.3。

D1の勝敗を決するに重要な審査システムDOSSに不調が出てしまい、途中より人の目による審査に切り替えられた。

イレギュラーな状態ながらも落ち着いてスタートした畑中選手の1本目。スタート直後、1コーナーに向けて勢いよく振り出すも、エンジン換装後の初単走という事もあり、少し抑え気味の安定したミスの無い走りで96.25を記録。エンジンフィーリングを確認し、更なる高得点を目指す2本目は、普段通りのキレのある走りで攻めるも、気持ちが先行。ヘアピンへの飛び込み角度不足によりゾーン3を落とす形で93.6。不覚にも1本目の記録を更新する事はできなかったが、見事8位で追走トーナメントへの進出を果たす。

引き続きドライコンディションで行われた追走トーナメントで畑中選手は、2組目に登場。内海選手との対戦で1本目に先行した畑中は、スピード感あるダイナミックな走りで後追いを引き離しにかかるも内海選手が必死に食らいつき、2台の距離はかなり接近。限界ギリギリのマシンコントロールを見せ、畑中選手7 内海選手8と後追いポイントを取られてしまう。

後追いでスタートした2本目は、先行での敗北を取り戻すべく内海選手のマシンに接触ギリギリまで接近する勢いある走りを披露。神がかったマシンコントロールに誰もが畑中選手の勝利を確信するも、結果は畑中選手7 内海選手7と引き分け。後追いポイントは獲得したものの、1コーナーで内海選手に接近し過ぎた際に行き場を失い、体勢を戻したミスにより減点。無念の初戦敗退となった。

そして翌日に行われたRd.4。

雨予報を払拭し、終始ドライコンディションで行われた。前日に発生したDOSSの不調が復旧することはなく、引き続き審査員による目視での開催となった。第3戦では、攻める気持ちが空回りする形での初戦敗退となってしまった畑中選手は、スタートから勢いよく振り替えし、キレのある走りを見せるもゾーン1・2を外す痛恨のミスで得点は93.75。1本目の失敗を挽回すべくスタートした2本目は、これまでのアグレッシブな走りはそのままに攻めの姿勢は崩さず、ミスのない完璧なラインで98.35を獲得。単走第8位での、ベスト8進出を果たす。

第4戦の追走は、前日とはスタート時の左右を入れ替える変更が加えられての開催となる。

畑中選手の追走初戦は2組目、横井選手S15との対戦となった。

追走1本目は先行。畑中選手は勢いよくスタート地点を飛び出すも、最初の振り出しで失速。決死の後追い体勢に入る横井選手のマシンを間一髪で交わし、そのまま終了。畑中選手1.5 横井選手6.5と苦戦を強いられる。マシンの調子を確認しながらも、続けて後追いを走る決断をした畑中選手は、スタートするもやはりマシンを振り出すことができず終了。マシントラブルにより戦えずして初戦敗退と、悔しい結果となった。

第4戦終了時点でのチームランキングは、9ポイントとなり、12位。

単走シリーズランキングは32ポイントで8位。

ドライバーズランキングは20ポイント15位となっています。

次戦は8月21・22日に行われるエビス2連戦。レース毎に成熟しつつあるエヴァRT初号機 SAILUNスープラにご期待ください。Rd.5-6も応援よろしくお願いします。

[俺だっ! Official channel レポート動画]

[畑中真吾選手コメント]

エンジンの仕様変更をして、第3戦の筑波を戦いました。今までに慣れていた2JZに換装したことで、いつも通り気持ちよく走ることができました。そのおかげで、単走でもいい走りができ、追走に残れたのですが、攻めた結果、ベスト16で負けてしまいました。第4戦の単走は、1本目はゾーンを外す失敗をしてしまいましたが、2本目に気を付けながらも抑える走りはせず、攻めの走りをした結果、そこそこな点数を出すことができ、単走を8位で通過したのですが、ベスト16ではトラブルでパワステが利かなくなって、負けてしまいました。次戦は大好きなエビスサーキットなので、必ず表彰台に登りたいと思います。確実にスープラに乗り慣れてきているので、次戦は期待してください

[霧島聖子×マリ:レポートコメント]

みなさんこんにちは!

エヴァンゲリオンレーシングRQ2021

真希波・マリ・イラストリアス役の霧島聖子です!

6月26日、27日に開催されました

D1グランプリシリーズのTSUKUBA DRIFT!!

今回体調不良で欠席のアスカ役のんちゃんの代わりに26日の第3戦のみ参加いたしました!

今回ペアだったのはシンジ役のかえかえです☆

私は2016年、2017年にD1GPのRQやイメージガールを務めた事もあったので約3年ぶりのD1でした!

本当に久しぶりだったのでアットホームな雰囲気に懐かしさを感じましたし、D1ならではの賑やかさが心地良かったです。

サーキットで久々に観るD1GPは単走も追走も大迫力で、終始興奮気味で応援に益々力が入りました!!

過去に経験があるとはいえ当時からはチームやメーカーの入れ替わりなどもあるのでここ一年位のD1情報はかえかえに教えて貰いましたよ。頼もしい!

91号車エヴァRT初号機SAILUNスープラが走行している姿を初めて生で観ることが出来てめちゃくちゃかっこよかったです!エヴァ仕様のカラーリングもサーキットでひときわ目立っていました♡

第3戦の結果ですが、

「横浜トヨペットSAILUN 俺だっ!」

畑中真吾選手は単走8位で

追走トーナメント進出!

追走では惜しくもベスト16のまま

最終順位11位となりました。

チームの皆さんお疲れ様でした!

単走も勿論面白いけど、2台がスレスレの所で走り合う追走には目が離せないスリルや興奮があり、更に惹き込まれます…!迫力満点なのでみなさんもぜひ現地での観戦をおすすめします!

私たちは単走&追走トーナメント中は基本スタンド席で観客の皆さんと一緒にSAILUNの応援席で観戦しており、またそれ以外の時間には俺だっレーシングの物販お手伝いもしていました。

ブースにお越し頂いた皆様、またグッズご購入もありがとうございます!

91号車の前での撮影タイムも多くの方が集まってくださり嬉しかったです!

私は急遽の参加となりましたが現地で優しくしてくださったチームの皆様、そしてご来場下さったD1ファンの皆様、一日ありがとうございました。

D1GPはこの後もエビスサーキット、奥伊吹、オートポリスと開催ございますのでまた現地で一緒に盛り上がれる日を楽しみにしています!

霧島 聖子



[村上楓×シンジ:レポートコメント]

皆さんこんにちは!碇シンジ役のかえかえこと村上楓です!

今回は6月26日-27日に筑波サーキットで行われたD1GPに行ってきました!

久しぶりにシンジコスを着てのレース♡

今回から夏コスがお披露目になりました!

皆さんもう見てくださいましたか?♡

1日目のRd.3ではマリ役のせいこっここと霧島聖子さんと一緒に応援に向かいましたっ!

レース一週間前くらいからお天気が心配で、毎日天気予報を見ていましたが、

この日は真夏くらい暑かったです(´Д`;)

そして今回はタイヤメーカーさんごとに応援席があり、レースクイーンは今までスタート地点やみんなから離れた場所で応援していたのですが、今回は私たちもSAILUN席で応援していて、エヴァンゲリオンレーシングだけじゃなくチームSAILUN一丸となって応援する事ができました!

レースの合間は俺だっ!レーシングさんの物販ブースでエヴァンゲリオンレーシングのグッズ販売のお手伝いをしていたのですが、沢山の方が足を運んでエヴァンゲリオンレーシングのグッズをゲットしてくれたり、久しぶりに会えた方もいて嬉しかったです♡

2日目のRd.4は台風が近付く予報で心配でしたが、まったく雨の降らない奇跡☆

単走前オープニングでは太陽も出ていたので日焼け止めをしっかりとぬりぬり。。。

この2日間で日焼けしちゃった方も多いのではないですか( ´•ω•` )

そして2日目ではチームレースクイーンが私1人という試練、、!!

レースクイーン3年目で一人という状況は初めてだったので、大丈夫かなという気持ちでサーキットに向かいましたが、現地でみんなに会えたのでパワーをもらえました!♡

今回のレース結果は表彰台には届きませんでしたが、やっぱりいつ見ても91号車はイケメンでカッコイイよくてドリフトしている姿に惚れ惚れします♡

現地に来ていた方もYouTube配信を見ていた方も、熱い応援ありがとうございました!!

次戦も変わらず、91号車 エヴァRT初号機SAILUNスープラの応援よろしくお願いします☆

村上 楓



エヴァンゲリオン レーシングは、鶴田竜二監督率いるTRICK STAR RACINGとタッグを組み

7月17日~18日に鈴鹿サーキットで開催される

「2021 MFJ全日本ロードレース選手権第5戦 第53回 MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿」

JSB1000クラスにスポット参戦致します。


マシンは「Kawasaki Ninja ZX-10RR」を採用。エヴァンゲリオン初号機をイメージした紫と緑のカラーリングを施したゼッケンナンバー31「エヴァRT初号機Webike TRICK STAR」

タイヤは、ブリヂストンにスイッチすることになりました。

 新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった2020年鈴鹿8耐に参戦予定だった幻のマシンで、MFJグランプリ参戦マシンとして再起動いたします。


▲写真は、2020年参戦を予定していたマシンであるため最終デザインや仕様等に微調整・変更があります。


ライダーは、大久保光選手を採用。大久保選手は、現在2021年度MotoGPの電動バイククラス「MotoE」に日本人初、アジア人としても初のMotoEライダーとしてフル参戦中。

2020年度鈴鹿8耐のテストでTRICK STAR Racingと合流し「エヴァRT初号機」に乗った経験があります。

また、大久保選手はアニメ好きでエヴァンゲリオンのファンであるとのことです。

MFJグランプリ鈴鹿、 #01 エヴァRT初号機 Webike TRICK STARの応援どうぞよろしくお願いいたします。


鈴鹿サーキット|2021 53rd MFJ Grand Prix

https://www.suzukacircuit.jp/superbike_s/


JeGT GRAND PRIX 2020 Series ROUND FINAL

2021/6/13 ドラゴントレイル・ガーデンズⅡ(1周 4.352km)

#01 EVANGELION e-RACING

EVA RT TEST TYPE-01 Vantage GT3

予選スーパーラップ 5位

決勝第1レース 8位

決勝第2レース 6位

決勝第3レース 5位


本来であれば3月に閉幕となる予定だったJeGT2020 SERIESだが、新型コロナウイルスの影響により延期が繰り返され、6月にようやくラウンドファイナルを迎えた。

また会場も日本最大級のeスポーツ施設REDEEにて観客を動員し大型イベントとして開催する予定だったが、こちらも感染症予防の観点から、予選ラウンド同様オンライン形式での実施となった。


我々のチームはレース前日から合流し、3人のドライバー同士で練習を重ねての情報共有や、作戦を練りながらレース当日を迎えた。

最初のプログラムは決勝のスタート順位を決める予選スーパーラップ。1台ずつ1周のみアタックのチャンスが与えられ、そのタイムで順位が競われる。ギリギリまで速いタイムを出したいが、攻めすぎての失敗は許されない非常にエキサイティングな予選方式である。

スーパーラップを担当する長選手は大きなプレッシャーの中コースインして、アタックラップに入る。セクター1,2とほぼ自己ベストで繋いでいったがセクター3で若干のロスが出てしまい1分28秒924をマークするに留まった。直前の練習のベストから0.4秒ほど失ってしまったもののまずまずのタイムで5番グリッドを獲得した。

<動画>https://youtu.be/uAodQnUQr8A?t=4849


そして決勝第1レースは大滝選手が担当。5番手から順調にスタートを切り前の#54を追いかけて差を詰めていくが、前車の後ろを走行する事からくるダウンフォースの抜けに苦労し徐々に差を広げられてしまう。その後も接近戦バトルの度に同症状に悩まされてしまい、少しずつポジションを失い7番手にてチェッカーフラッグを受けた。更にタイムペナルティもあり最終的な結果は8位となってしまい悔しいレースになってしまった。

<動画>https://youtu.be/uAodQnUQr8A?t=23572


続く決勝第2レースは今井選手がステアリング握り最後尾からスタートを切る。アグレッシブな走りを披露して、すぐに6番手までポジションアップ。しかしマシン特性の影響もありオーバーテイクしたマシンに寄られてしまい、後続から接触を受けてしまう。あらぬことに再び最後尾まで沈んでしまうものの、今井選手は落ち着いた走りで6番手まで復帰。その後も素晴らしいペースでLapを重ねて前との差を詰めていくが、やはり接触でのロスが大きく僅かに届かず…6番手にてチェッカーを受けた。

<動画>https://youtu.be/uAodQnUQr8A?t=25634


そしていよいよ第3レース。このレースの順位が最終結果となる

長選手は6番手から素晴らしいスタートを切っていったが1Lap目に後続のマシンから接触を受けてコースアウト。またしても最後尾まで順位を落としてしまうが、すぐに7番手までポジションを取り戻す。そして長選手は予定よりも早くタイヤを変える作戦をとり3Lap目にピットイン。ソフトタイヤを終盤まで持たせる戦略だ。

そして長選手はかなりのハイペースでLapして前との差を詰め始めていく。そして終盤にも#280を一発でオーバーテイクし6番手までポジションを回復。ソフトタイヤは摩耗によりグリップがほぼ限界になっていたが、長選手は抜群の集中力で時よりトップグループよりも速いタイムを出すなど輝く走りを見せる。しかしトップグループまで追いつくには時間が足りずに6位でチェッカーを受ける。レース後審議により前車にペナルティが入り、最終的結果は5位となった。

<動画>https://youtu.be/uAodQnUQr8A?t=28157


今回のファイナルは毎レーストラックポジションが良くなく接触により後退、そのロスによりトップまで追いつけない負の流れになってしまった故の悔しい結果となった。

しかし3選手とも抜群のペースを持っていたことは事実であり、至る所で光る走りを見せたレースであった。

新型コロナウイルス禍で行われた初のJeGTシリーズ戦はレーススケジュールの予定変更などチームとして合同で練習を重ねる事が難しい状況ではあったが、3選手共に最大限の努力と練習を重ねて真剣にレースに挑んだこの経験はチームをまたひとつ強くした。

スポンサーの皆様、

エヴァンゲリオンレーシングのサポーターの皆様、

ファンの皆様、

各関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

暖かいご声援 ありがとうございました。


[ドライバーコメント]

大滝拓也選手

今回のラウンドファイナルは、これまでの集大成として、かなり気合を入れて挑みました。

練習ではとてもいいタイムで走れる所まで持っていくことができましたが、肝心なレースでは順位を落とした状態でチームメイトの今井選手、長選手にバトンを渡す形となってしまいました。レース中のダウンフォース抜けがある条件下での練習が不足していました。

少しでもミスをするとタイム差として大きく差が付いてしまう、このハイレベルな環境でレースが出来た事は本当に誇らしく、とても良い教訓になりました。とても悔しい一戦となってしまいましたが、今後のeスポーツ大会への参戦だけでなく、実車でのレースにも活きてくる経験を今回のレースでする事が出来たと感じます。今後もeスポーツの大会に積極的にエントリーして、しっかりと優勝を取れる所までeスポーツの実力を付けて、またこのJeGTのステージに戻って来れたらと強く思います。応援してくれた皆様、本当にありがとうございました。

今井慶春選手

今回のJeGT ROUND Finalでは初めて長選手大滝選手と同じ拠点に集まりレースに参加しましたが、練習からお互いの走りの良いところ悪いところを話し合い、選手全員がすごく仕上がった状態で決勝を迎える事が出来ました。そのため私が担当したレース2もスタート順位こそ8位だったものの自信を持って臨みました。実際にレース2ではスタートして早々に2台を抜いて6位に上がる事が出来たのですが、この集団を抜け出すのに時間がかかってしまい前との差が大きく開いてしまいました。なんとか集団から抜け出して追い上げたものの、トップ集団に追い付くことは出来ずに6位でのゴールとなってしまいました。トップ集団のレース展開と集団を抜けてからのペースを考えると、トップ争いに参加出来るだけのポテンシャルはあったと思うので、非常に悔しいです。

最後に決勝では不完全燃焼な結果となってしまいましたが、予選ラウンドそして決勝ラウンドで支援応援してくださった皆様すごく心強かったです。ありがとうございました。

長和樹選手

JeGTラウンドファイナル終了しました!まずは応援、ご支援してくださった方々ありがとうございました。結果は5位でした。まず自分が走ったスーパーラップでタイム伸ばせなかったのが悔やまれます、そこでもう少し伸びてればチームメイトに楽をさせる事が出来るはずでした。最後の決勝レースも接触等に巻き込まれて順位は上がりませんでしたが、レースペースはトップと同等だったのでひとつ自分の自信に繋がりました。重ねて2020シーズンでの応援・支援ありがとうございました。2021シーズンはどうなるか分かりませんが、また気持ちを新たに全力で走っていきます!!

2021 レースクイーン 06

最後の紹介は、通算4年目のはまり役…!

脅威の8頭身プロポーションで注目を集めるクールビューティー、

渚カヲル役「梨砂子」さんをご紹介です!

女子も惚れるカヲル役のイケメンっぷりに加えて、

今年はなんとA.T.Fレースクイーンとして

地毛のぱっつん黒髪ロング姿も見られる!どちらも大注目です!

▶▶梨砂子コメント


皆さんこんにちは♡改めまして、梨砂子ことりさまるです!

引き継ぎ、渚カヲル役として活動させて頂き、

今年はさらにA.TFIELD RQも務めさせていただく事になりました♡

D1はカヲル役として、スーパー耐久はA.TFIELD レースクイーンとして、

2つのコスチュームを皆様にお見せできるんです♡

新たな一面を見てもらえたら嬉しいな!

そして家族のような心温まるチームと

4年間も一緒にエヴァレーシングを応援できてとても誇らしく思います♡

今年も応援よろしくお願いします!

スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook
第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース
2021/5/21-23 富士スピードウェイ (1周 4.563km) 
Audi Team AS Sport
#505 エヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4(ST-Z)
予選:荒天の為中止
決勝:ST-Zクラス8位完走(9台中)

2021年スーパー耐久シリーズ 第3戦 「富士SUPER TEC 24時間レース」が5月21日~23日に静岡県富士スピードウェイにて行われました。


予選日は大雨により公式予選がキャンセル。決勝日は曇空ながらもドライコンディションでスタートを切りました。8番グリッドからスタートした#505 エヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4は上位に引けをとらないペースを保ちながら長いレースを見据えた走りでレースを展開。順調に周回を重ね、7番手までポジションを上げてピットインしましたが給油装置に不具合があり、ガソリンが満足に入らず大きくタイムロス。その後もメカニック達は不具合の解消を試みますが、根本的な解決には至らず、給油のたびに大きくタイムをロスしてしまう展開に。チームは「完走」を目標に切り替えて、非常に苦しい状況ながらもチーム一丸となりチェッカーフラッグまでバトンを繋ぎ完走を果たしました。

[予選レポート]

5月21日(金) 12時より富士SUPER TEC 24時間レースの公式予選が行われるはずったが、悪天候により遅延。大雨によるコースへの影響を見ながら待機となったが、天気はそのまま好転することなく公式予選中止のアナウンスが流れた。その為、決勝レースのスターティンググリッドは前戦SUGOまでのポイントランキング順になる事になった。

#505 エヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4は8番グリッドからスタートを切ることが決まった。

[決勝レポート]

5月22日(土)決勝日は少し雲がかかっていたが、ドライコンディションのままレースを迎えた。そして午後3時グリーンフラッグ!長い長い24時間のレースがスタートした。Shaun選手は先ずはセーフティにオープニングラップをクリアして、コンスタントに周回を重ねていく。途中FCY(フルコースイエロー)が導入されるも良いペースでラップを刻んでいくShaun選手。

スタートから1時間20分程度で1回目のピットイン。タイヤ交換とガソリンの給油で再びShaun選手がコースへ復帰していく。途中ぽつぽつと雨が降り出したりしたもののコースはドライコンディションのままとなった。

そして18時少し前に2回目のピットイン。タイヤ交換、ガソリン給油、ドライバーチェンジとフルサービスを行い、西村選手がピットアウトしコースに復帰。しかしその直後給油が十分に行えていない事が判明し、チームは翌周にピットへと呼び戻した。再度給油を試みるが、上手くガソリンを給油する事ができない…。一旦ピット内にマシンを入れ、メカニック総出で給油装置のチェックを図るが、根本的な原因は見つける事が出来ず…。

通常の数倍の時間はかかるが少しずつであれば給油が出来る事が判明したため、時間を掛けてなんとか給油を行い、西村選手をコースに復帰させる。しかしこの時点で1時間程度のロスを喫してしまった。

西村選手もナイトセッションを危なげなく好ペースで周回。その間もメカニック達は給油装置を再チェックし、あらゆる可能性を疑って処置を施した。

そして次のピットストップで藤原選手へドライバーチェンジ、ここでもやはり給油装置は直っておらず、かなりの時間を掛けてピットアウトしていった。

その後も給油装置の復旧を試みて幾度も作業を続けるが、原因は判明せず…。次のピットストップの際にピット内に入れてマシン側の給油部分もチェックするがここでも問題は解決しない。

チームはこの時点で目標を完走に切り替え、大きなタイムロスではあるが時間をかけて給油を行い、レースに留まり続ける事を選択。

ドライバー達も必死に対処するメカニック達の思いに応えるように接触を避けながらも競争力のある周回を重ねた。特に夜が明けてからのShaun選手のスティントはその時間帯のクラストップのタイムで周回するなどパフォーマンスを示した。

そして15時にチェッカーフラッグが用意され#505 エヴァRT初号機 Audi R8 LMS GT4は8番手にてチェッカーを受けた。チェッカー後のピットロードでは、全てのチームが全てのマシンを拍手で迎え入れ感動的に24時間レースは幕を閉じた。

序盤発生した給油装置トラブルにより早々に勝負権を失ってしまう事にはなったが、時より見せた速さとマシンの信頼性は素晴らしく、不運なトラブルに24時間対処し続け、激務となった給油作業を完遂させたメカニック達とスタッフ達、ドライバー達、全てがチーム一丸になり手にした価値のある完走となった。


そんな波乱の24時間耐久レースの模様をチーム目線でまとめた映像も、先日動画サイト上にて公開されている。普段中々見れる機会の少ないレース中のピット内の様子やドライバー、チームの一員のような目線で是非この24時間レースの様子を楽しんで頂きたい。

[チーム代表コメント] 田ヶ原章蔵

シーズンも中盤になり、いよいよ名物レース 富士24時間レースを迎えました!準備も万全で挑んだのですが我々の望む週末では無かったです。チーム、車両は好調だったのですが、思わぬ落とし穴に入り、給油装置のトラブル等で思うようにレース運びが出来ず、残念ながら完走8位に留まりました。

富士24時間優勝経験のあるドライバーが2人!スタッフさんも優勝経験ありが5人もいたので、結果は正直非常に残念です。しかし沢山の応援もあり次回に向けてまた士気を上げていきたいと思います。

本当にこのコロナ禍の中、レースが開催して頂いた事だけでも感謝ですし、今後も早い終息で沢山のお客様がご来場頂いたレースを期待しております。引き続き皆さんの応援宜しくお願い申し上げます!


[チーム監督コメント] 澤田栄宏

今年も無事に開催される事になったスーパー耐久富士24時間レース。コロナ禍につき様々な制限はございましたが大会関係者の皆様に感謝申し上げます。大雨により予選はキャンセルされポイントランキング順となった決勝。長丁場とは言えポジションアップを狙った作戦に出ましたが、まさかの給油ポンプのトラブルが序盤に出てしまいレースから離脱。マシンの状態が良かっただけに悔やまれました。まともに周回が重ねられない中メカニックの奮闘のおかげもありチーム一丸となってチェッカーを受ける事ができました。今回も多くのお客様に来て頂きありがとうございました。引き続き応援よろしくお願いします。


[Aドライバーコメント] 西村元希

今回の富士24時間耐久レースは、4年連続での参戦とあって、余裕をもってレースに挑む事が出来ました。マシンのセッティングも、かなり良くなってきていて、チームとしては表彰台を狙える位置でレースが出来ていたので、序盤でのマシントラブルによる、戦線離脱は非常に残念で悔しい思いをしました。

しかし、チームのメカニックやスタッフのみんなが最後まで諦めず修復を繰り返しながら最後まで走ることを選択して、完走出来たことには感謝しかありません。僕自身も、かなりの走行距離を走り、いろんな走り方などをトライ出来たので、次のレースに繋がると思いまので、この悔しさを糧に次のレースで結果を残したいと思います。最後に、コロナ禍の中、たくさんの方々がサーキットに応援に来てくれて本当に有難う御座います。

今後とも応援の程、よろしくお願い致します。


[Bドライバーコメント] Shaun Thong

24時間レースに向けてとてもモチベーションが上がっていました。 個人的にも昨年ST-Xで優勝したレースで、また結果を残したいと思っていました。

私たちの車はBoPの影響でクラス最速ではありませんでしたが、チームとして多くの変更を加え、Audi R8 GT4 のロングランのペースは非常に期待できるものであり、

長いレースではあらゆる事が起こり得るので、私たちにとってこのレースが表彰台を獲得する可能性が最も高いことを知っていました。

レースはダブルスティントをうまくスタートさせて、3時間後にはなんとか5番手まで上がり、#500といいバトルをしました。 マシンはチームメイトの西村選手に有望なポジションで託すことができましたが、その後の給油装置の問題により、それ以上の結果を得ることが出来ませんでした。

このレースに向けてチームメンバー、メカニック、スポンサー様、ドライバーもみんな一生懸命働いていたので、とても残念です。もっと良い結果に値する働きに感じました。

応援ありがとうございました。


[Cドライバーコメント]  藤原能成

この様なコロナ禍に於いて、スポーツ活動を続けさせて頂ける事にまず感謝を

させて頂くと共に関係者、スポンサー様、ファンの皆様にお礼申し上げます。

緊急事態宣言が長引く中でこのレースに自分が参加する事に、とても葛藤を

覚えました。然しながら万全を期した徹底した対策と、沈む話題が多い中で

少しでも皆様の気持ちが以前の日常を取り戻せたら良いと思い、参戦させて

頂いた次第です。

肝心のレースですが開幕戦もてぎ同様、雨に振り回されたと思います。

残念ながら初のドライレース、初のハンコックタイヤ、初のダフルスティント

と初めて尽くしの自分では皆様に迷惑を掛けてしまうばかりで、不甲斐ないと

痛感しております。ダブルスティント3回なので周回数を稼ぎましたが、

最後は自分の実力不足で全く良い所無く終わってしまいました。

今回の反省点を踏まえ、今後の自分の身の振り方も含めて色々と考えたいと

思います。

レース的には給油関係のトラブルで早々に勝負権を失いましたが、

メカとチームの懸命な努力により最後まで戦う姿をファンに見せられた事が

とても嬉しく思います。

最後まで諦めないという気持ちが身を結び、8位完走を得る事ができました。

本当に応援、ありがとうございました!

[五十嵐希×アスカ:レポートコメント]

こんにちは!

式波アスカラングレー役ののんちゃんこと五十嵐希です♡

S耐富士24時間レースお疲れ様でした‼️

そして505号車の応援ありがとうございました!

今回はマリ役せいこっこさんと参戦しました!

レースクイーンの大先輩なのでスポンサーステージやピットウォークなど

見習うところがたくさんあって自分にはとてもいい刺激になりました!

ステージはやっぱり毎回緊張しますね!

出番の前に何回も練習してもステージに上がった瞬間

エヴァサポTシャツを着てくださっている方がいたり知っているファンの方がいると

嬉しくてテンション上がって一瞬頭が真っ白になります(笑)

エヴァサポTシャツは目立つしデザインもかっこいいですよ!

よーく見える‼️

PRを聞いてくれて撮影してくれて、私たちの応援もありがとうございました!

505号車は給油トラブルがあったものの、無事に最後まで走り切りチェッカーを受ける事ができました!

順位もありますが、まず走り切ることがすごいんだよ!と聞いていましたし、

この間の第2戦はリタイアという結果だったので本当によかったです。

私は今まで何回か富士スピードウェイには行ったことはありましたが、

レースが終わりマシンが帰ってきたときの全てのチームを祝福している会場の雰囲気にとっても感動しました。

ピット前を通り過ぎる各チームのドライバーさんたちやそれを迎える方たちがキラキラしていてかっこよくて自分がここに携われたことを誇りに思います!

色んなドラマがあり知っていくとどんどんレースが好きになっていきますね!

以上、アスカ役五十嵐希のレースレポートでした♡

五十嵐 希


[霧島聖子×マリ:レポートコメント]

ごきげんよう♪

エヴァンゲリオンレーシングRQ2021

真希波・マリ・イラストリアス役の霧島聖子です。

5/21-23に開催されました

スーパー耐久シリーズ2021Powered by Hankook 第3戦 NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース!

私たちエヴァンゲリオンレーシングRQ2021からは

アスカ役ののんちゃんとマリ役の私の2名が決勝日の2日間富士スピードウェイに行きました!

富士24時間レースはスーパー耐久シリーズの中でも特別感があって、

24時間ならではのナイト走行も格好良くて魅力的ですし、

イベント広場の盛り上がりもいつも以上です。

そして夜にはなんと花火も上がるんですよ!!

私は毎年富士24時間レースをとても楽しみにしているので

今年エヴァンゲリオンレーシングRQとして現地に行けて本当に嬉しかったです。

今回はピットビューイングも開催され、多くの方に足を運んでいただきました!

エヴァサポの方々、ファンの皆さん、沢山撮影して下さってありがとうございます!

前回私が参加していたもてぎ開幕戦では昨シーズンのコスチュームを着用しており、

この富士からは2人揃って今年バージョンのNEWコスチュームでの登場でした!!

今年のコスチュームはセパレートタイプで、

スカートのサイド部分のメッシュがセクシーで私のお気に入りポイントです!

今後夏コスのお披露目も楽しみにしていてね♡

RQステージもいかがでしたか?

せいこっこのPRはとても聞き取りやすくて好きですと

SNSなどを通して色んな方に言って貰えて嬉しかったよ!

スタート進行では私はShaun Thong選手のパラソルを担当!

長い長いレースの前に505号車くんに頑張ってねのエールも込めてきました(-人-)

今はコロナ禍の影響で関係者方やメディアの方しかコースに入れないのですが、

ファンの方々がグランドスタンドから私達の事を撮影してくれたり、

手を振ってアピールしてくれたりしてすごく元気を貰いました、ありがとうございます!

レーススタート後、夜には給油トラブルも発生し心配もありましたが、

メカニックさんがたの懸命な作業や、交代制でバトンを繋ぎ走り続けたドライバーさんがた、

監督やマネージャさん、エンジニアさんなどチームに関わる皆さんの連携により

Audi Team AS Sport 505号車は24時間のロングレースを見事完走する事が出来ました…!!

本当にお疲れ様でした!

この富士24時間レースではチームの皆さんの結束力をより感じる事ができ、

完走後の505号車お迎えのシーンにも立ち会えて感動しました。

完走したマシン全てを称え合う富士24時間レースのクライマックスは素敵だなぁと毎年思います^^*

今年のFUJI24Hも思い出深いものになりました。

現地でお会い出来た皆さんどうもありがとうございました!

今シーズンのスーパー耐久シリーズも既に折り返し地点!

引き続き私たちと一緒に505号車の応援よろしくお願いします★

またエヴァンゲリオンレーシングRQ2021マリ役としてお会い出来る日を楽しみにしていますね!

霧島 聖子

2021 レースクイーン 05

No.05…?

数字が飛んだのは間違いではありません。

プラグスーツに05の数字を刻む、

真希波・マリ・イラストリアス役レースクイーンのご紹介です!

2021年度のマリ役を務めるのは、ミスFLASH2021グランプリや日本RQ大賞にも輝き

レースクイーンにグラビアに活躍中の「霧島聖子」さんです!

マリのピンクの衣装に赤メガネにツインテールをばっちり着こなし

サーキットでアナタを魅了します!

▶▶霧島聖子コメント


こんにちは!

エヴァンゲリオンレーシングRQ2021 真希波・マリ・イラストリアス役の霧島聖子です!

せいこっこって呼んで下さいね♪

レースクイーンデビュー前からずっと憧れていたエヴァンゲリオンレーシングRQになる

事が出来て感無量です!

わちゃわちゃキャラな私もレースクイーン歴遂に6年目になりますので

今年は周りをリード&サポートしてゆけるように頑張ります!

そしてエヴァンゲリオンレーシングの一員として

より多くの方にチームファンになっていただけるように情報発信に励み、

サーキットやイベントを更に盛り上げていきたいと思います!

エヴァンゲリオンシリーズが好きなので作品ファンの方々ともお話出来たら嬉しいです。

よろしくお願いします!


2021 レースクイーン 02

赤いコスチュームで存在感を放つヒロイン、式波・アスカ・ラングレーを務めるのは…

2020年からレースクイーンとして活動中の「五十嵐希」さんです!

フレンドリーな雰囲気で会場でも人気を集め、169cmの長身のモデルプロポーションを武器に、アスカの衣装を着こなす姿を是非会場でその目に焼き付けてください!

▶▶五十嵐希コメント


みなさん初めまして!式波アスカラングレー役の五十嵐希です。

憧れていたアスカ役に選んでいただきとても気合いが入っております!

スーパー耐久は初めて参戦するカテゴリーなのでルールなどお勉強をして

エヴァンゲリオンレーシングファンの方と一緒に盛り上げていけるように、

そしてもっとたくさんの方に知っていただけるよう頑張っていきたいです!

どうぞよろしくお願いします♡

2021 レースクイーン 01

前回の紹介に続きナンバー01となれば…、碇シンジですね!

今年初めてエヴァンゲリオンレーシングのオフィシャルレースクイーンを務める、

「村上楓」さんをご紹介させていただきます。

碇シンジ役のショートカットヘアとコスチュームの爽やかな青のボーイッシュスタイルもすごく似合っていますが、同時に今年のA.T.Fレースクイーンも務めて頂いていて、

そちらでは地毛のロングヘアに真っ黒のクールなコスチューム!

どちらも華麗に着こなし、会場に華を添えてくれる事間違い無しです!

▶▶村上楓コメント


みなさん、こんにちは!

碇シンジ役 兼 A.T.FIELDレースクイーンの村上楓です!

私は今年RQ3年目になるのですが、

エヴァンゲリオンレーシングはレースクイーンデビュー時から憧れのチームでした!

そんな憧れのチームでRQ活動をできる事が本当に嬉しくて幸せです♡

エヴァンゲリオンレーシングのRQとして沢山皆様に会えることを楽しみにしています!

2021年も熱い応援をよろしくお願いします☆

2021 D1 GRAND PRIX SERIES Rd.1&2 OKUIBUKI

2021/4/24-25

奥伊吹モーターパーク(滋賀県)

#91 エヴァRT初号機 SAILUN スープラ

横浜トヨペット SAILUN 俺だっ!

ドライバー: 畑中真吾 選手

2021 D1GPのRd.1&Rd.2が滋賀県奥伊吹モーターパークにて開催された。

今季はチーム体制に変更があり、タイヤメーカーはSAILUNのサポートとなり、ドライバーは畑中真吾選手という布陣で挑むこととなった。

奥伊吹戦は、スキー場の駐車場に作られた特設コースで行われる。スタート直後の下

りで加速し、やや右に曲がりながらさらに加速。外周に沿って振り出したあと、大きく旋回

してからインフィールドに突入すると同時に振り返し、タイトなコーナーを旋回した後、最後にまた振り返してフィニッシュとなる。

高速コーナーとショートコーナーが組み合わせられた難易度の高いテクニカルなコースとなっている。

まずは4/24のRd.1単走。畑中選手は 1 本目、勢いよくコースに飛び込み、ラインをきっちりトレースしながらも、もくもくと白煙を上げての迫力ある走りを披露。フィニッシュラインまでミス無く走りきるも、セクター3 での振り出しの鋭さが不足しているとの判断により、惜しくも結果は 97.6 点となる。

続く2 本目も勢いよく 1 コーナーに飛び込み、1 本目で低評価となったセクター3 での振り出しを意識した走りでさらなる高得点を目指すも、その勢いの良さがセクター4 に影響してしまい、結果は1本目と同じく 97.6。さらなる高得点には届かなかったものの、流石の走りで堂々の 6 位を獲得。追走トーナメントへの進出を確定させた。

午前より少し風が強まる中、引き続きドライコンディションで行われた追走トーナメント

で畑中選手は 8 組目に登場し、末永直人選手(S15)と対戦。一本目に先行した畑中は角度のつい

たキレのある走りを披露し、DOS によるポイントは 97 点と高得点を獲得するも、ゾーン

1・2 を外し、セクター4 でコースアウトするなどのミスにより、5 点減点。畑中 92:末永 101

と、大きな差を付けられてしまう。

後追いでスタートした 2 本目は、先行での減点を挽回すべく、末永選手のマシンに終始接

近するアグレッシブな走りを見せるも、セクター4 進入直後に突然の減速。トラブルにより、

以降 2 つのセクターを走行できず、結果は畑中 66:末永 97。無念の初戦敗退となった。

そして翌日に行われた Rd.2。

前日に引き続き晴天の中で行われた単走、畑中選手は激しくマシンを振り出しながら勢いよくコースに飛び込み、白煙を上げながらの攻めた走りを見せるも、ゾーン 3 に向けての振り出しに失敗し、コースアウト。セクター4 を落としてしまい、74.5 点と追い込まれる結果となった。

そして、ベスト 16 への生き残りを賭けた単走 2 本目。1 本目の勢いをそのままに、アグレッシブにマシンを振り回しながら、ミスの無い落ち着いた走りを見せるも、セクター4 での角度不足などにより結果は 96.7 点。ポイントを伸ばすことができず、惜しくも追走トーナメントへの進出は叶わなかった。

Rd.2終了時点で 単走シリーズランキングは畑中選手12 ポイント 12 位

ドライバーズランキングは畑中選手が 7 ポイント 14 位につけている。

次戦は 6月 26・27 日に行われる筑波 2 連戦となる。

[俺だっ! Official channel レポート動画]

畑中真吾選手コメント

開幕戦はまず、スープラでの初めての D1 ということで、追走に残ることが絶対の目標でした。目標通り、追走には残れたのですが、スープラでの追走の感覚も初めてで、戦闘力に

ついて未知数の部分もあったので、不安だったのですが、実戦である程度の感触を得ることができました。ベスト 16 で敗退はしましたが、自分の中では次のステップにつながる

有意義な内容になったと思っています。第 2 ラウンドは、単走を通過する事は前提の上で、追走を想定したマシンのセットアップを完成させていたので、本当は追走に残りたかったのです

が、単走でミスをしてしまい、残れませんでした。

次戦筑波に向けた、追走のセットアップは出来ているので、筑波は頑張りたいと思います。

村上楓×シンジ:レポートコメント

みなさんこんにちは!

エヴァンゲリオンレーシングRQ2021、碇シンジ役の村上楓です!

今回は4/24.25に開催されたD1GP開幕戦奥伊吹に渚カヲル役のりさまると

91号車エヴァRT初号機SAILUNスープラの応援に行ってきました!

D1会場につくとドリフトの音や匂い、すごい煙でいよいよ熱い戦いが始まる!とわくわくします☆

奥伊吹はスキー場の駐車場が会場になっているので、

サーキットとはまた違ったピットが見れるんです!テントがズラーーーッとありマシンが並んでいる姿がかっこいいです♡

出店スペースではエヴァンゲリオンレーシングのグッズ販売を行なっており、

私たちもレースの合間に物販販売のお手伝いをしていました!

エヴァンゲリオンレーシングを応援してくださってる方にも沢山会えて、

やっぱり人気チームなんだなと実感しましたっ(`・ω・´)!!

そして、D1GPではレースクイーンはスタート地点に立って応援をするのですが、

近くでマシンを見てエンジン音やドライバーさんの真剣な姿を見ると私たちもドキドキします!

91号車はカラーリングもドリフトしてる姿も本当にかっこよくてイケメンですよね☆

2日間風が強くて寒かったですが、シンジのコスチュームを着てみなさんにお写真を撮ってもらえたり、似合ってると言ってもらって嬉しい気持ちでいっぱいでした( * ॑꒳ ॑* )♪

りさまるとのカヲシンはどうでしたか?♡次戦のレースも楽しみです!

2日間91号車、エヴァRT初号機SAILUNスープラの応援ありがとうございました!

村上 楓


梨砂子×カヲル:レポートコメント

みなさんこんにちは!梨砂子です♡

そして先日のD1GP開幕戦in奥伊吹お疲れ様でした!!

初の奥伊吹!実はスキー場だったんですね!!

坂道が多くてレースクイーンにとってはかなり過酷な道が沢山。笑

今年はじめてのレースクイーンの

相方はかえかえでした♡

みんなが大好きなカヲシンコンビだったよ♡

開幕戦は風が吹くと冷たいけど、お天気もめっちゃよくて、

とても気持ちのいい2日間でした!!

中々いいスタートを切り出せたのではないでしょうか?

やっぱりレースは晴れてなんぼだね!笑

そして応援している91号車エヴァRT初号機SAILUNスープラ!

本当にかっこよすぎて、めっちゃ目立ってたな〜♡♡

畑中選手とははじめてお会いしましたが、強面ですがとても気さくで優しい方でした。笑

今回の結果は表彰台まで惜しくも届きませんでしたが、

とても良い走りを見せていただきました♪

次戦がとても楽しみですね♡

引き続きエヴァレーシング応援どうぞよろしくお願いします♡!

梨砂子